日々の暮らし in North 21

アクセスカウンタ

zoom RSS 日々の暮らし in Utrecht 18th March 2008. Vol. 1

<<   作成日時 : 2008/03/23 23:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日はミッフィー博物館 Dick Bruna Huis に行ってきました

画像


ユトレヒトは ミッフィーの故郷です
正確には ミッフィーの生みの親 ディック・ブルーナ氏が住んでいる ということです

以前ブログで紹介したと思いますが
むかしあさひ銀行 今りそな銀行のノベルティがミッフィーだったために
うちにはお皿や貯金箱などミッフィーグッズがいくつかあります

偶然にもユトレヒトに来る機会が出来たので
早速行ってみることにしました


まず入ると 金色のミッフィーが出迎えてくれます

画像


この奧にはミッフィーの絵本の朗読が聞ける部屋
左に行くと ミッフィーの家や コンピューターゲームがある部屋となります


ミッフィーの絵本の朗読は
オランダ語 英語 日本語 が用意されており

日本語バージョンで
ミッフィー
スナッフィーの子犬たち
子豚のベッチェ
プラウスおじいちゃんとおばあちゃん
ボリスとバルバラ
トラインおばさんのパーティ
の6話が聞けます


ミッフィーの本名は ナインチェ・プラウス
ミッフィーは英語だそうです

日本では小学生の頃夏休みの宿題で読んだ「ノンちゃん雲に乗る」の作者 
石井桃子さんが翻訳したのが最初らしいです 知らなかった〜


朗読の部屋の隣はディック・ブルーナ氏の小さい頃の作品や
彼の生活などをドキュメンタリーで綴ったビデオが放送されていました

日本語で字幕が出ていて かなり日本人を意識していることが見て取れます



画像


こちらは子供が喜びそうな部屋
ミッフィーの家やおもちゃなどが置かれています

画像


ミッフィーの家にはいると
ベッド テーブル 洋服 などが置かれていて
おそらくミッフィーの身長は80 cm位なのではないかと・・・
その半分は頭ですから すごいアンバランスな体格ですね

画像


コンピュータでは3歳から10歳くらいまでが対象だと思われるゲームができます
試しに私もやってみました
ぬりえです

画像


ミッフィーカラーの 青 黄 オレンジ 緑 茶
それに黒 白 グレーが選べます



階段を上って2階に行くと
ディック・ブルーナ氏のグラフィックデザイナーとしての作品が展示されていました
こちらの方が大人向きですね


ディック・ブルーナ氏が使用する色は ほんの数色
多くの色を使わず あえて色を限ることで生まれるバランスが
ヒトの目を惹きつけるんでしょうね




ユトレヒトの街のあちこちに ミッフィーがいるとガイドブックに書いてあったので
夜 旦那と一緒に探してみました

まずはミッフィー像

画像


ユトレヒトの中心を流れる運河アウデクラフトOudegraft沿いにある広場にあります


次はミッフィー信号
画像

画像


この信号は賑やかな通りにあるので 若干写真を撮るのが恥ずかしかったですが
旅の恥はかき捨て

ミーハーッぷり丸出しでやっちゃいました







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日々の暮らし in Utrecht 18th March 2008. Vol. 1 日々の暮らし in North 21 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる