日々の暮らし in North 21

アクセスカウンタ

zoom RSS 新撰組を訪ねて 東京編@

<<   作成日時 : 2008/08/28 23:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

今更ながらではありますが
「新撰組」 が 旦那の今の マイブーム

司馬遼太郎の 「燃えよ剣」 に触発され
幕末に生きた悲劇のヒーローたちのゆかりの地に行ってきました

画像




まず 飛行機を降り 向かった先は 板橋

いつも実家に帰るときは 羽田から池袋まで行き 東武東上線に乗り換えるのですが
今回は埼京線で板橋へ

すると板橋駅の真ん前に 近藤勇墓所 があります


画像


画像


タタミ20〜30畳くらいの敷地に 
近藤勇の墓 兼 新撰組隊士供養塔 

画像


そして 永倉新八の墓 があります

画像



ちょうど お盆があったので
ちゃんと お花が飾られています


蝉がミンミン鳴く中 なぜかこの空間は空気感が違い 
都会の喧噪を忘れさせてくれました

しかしこのお墓には 近藤勇の胴体が眠っており 
はねられた首は わざわざ京都に持ち帰られたそう

時代に翻弄された若者たちの悲しい死に 
思わず手を合わせずにはいられませんでした







 


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして、新選組、好きなので、立ち寄らせていただきました。
この墓地、板橋駅のまん前という超わかり易い立地ですよね。
行ったことがあります。
近藤勇の胴体、此処の他に、彼の故郷である多摩の龍源寺に葬られたという説もありますね。
桃源児
2008/08/28 23:48
今晩は! 初めまして(燃えよ剣)いやはや懐かしい! お時間があれば(壬生義士伝)もお読みいただくと良いかも、などと思います、主人公の名は永倉新八の隊士録にも載っていたりしまして又、違う隊士の一面も見られるのではないのかと…、
eddy
2008/08/29 00:30
桃源児様。 コメントありがとうございます。
龍源寺には行けなかったのですが、日野にも行ってきました。
東京編2で続きを書きたいと思います。

ところで ウルトラマン好きなんですね。
うちの旦那はガンダムマニアで、桃源児さんと共通するものを感じてしまいました。ちなみに旦那はAB型です。
やーすけ
2008/08/29 15:25
eddy様。コメントありがとうございます。
壬生義士伝もいいですよね。旦那は小説、私は映画で見ました。10年くらい前に仕事で岩手に行ったことがあるのですが、そのときは全然知らなかったので冷麺や椀子蕎麦ばかり目がいっていましたが、ぜひまた盛岡にもいって、いろいろ訪ねてみたいと思います。
やーすけ
2008/08/29 15:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
新撰組を訪ねて 東京編@ 日々の暮らし in North 21 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる